スポンサード リンク

         スポンサードリンク


ブログ内最新記事
コメント
115175: :2016/12/16(金)01:30.11  返信
高いって言っても二千三千の値引きは当たり前だったし、今思えばメーカーも小売もユーザーも色んな所が得してた値段設定だったな…
まぁDL版販売の事もあるし、どこが何をやろうとその内今みたいになってたんだろう。きっと
115176: :2016/12/16(金)01:42.03  返信
PSにシェア取られだした途端SFCソフトの価格帯下げて1本6000円位になってたよな。
コストダウンで安くカートリッジを量産できるようになったとか理由つけてたけど、
今まで殿様商売でぼったくってただけだろとしか思えなかった。
115178: :2016/12/16(金)01:56.20  返信
2800円のps the bestが衝撃的だったわ
中古並の値段で新品が買えるのがありがたかったな
115179: :2016/12/16(金)02:13.17  返信
二千三千の値引きが当たり前なら得してないところがあるだろw
定価一万のゲームが発売日の時点で半額とか無茶苦茶だわ
115180: :2016/12/16(金)02:22.55  返信
※115176
ファミコン時代から、ナムコとかアイレムとかの一部メーカーはカセット自社生産で、1000~2000円ぐらい安い値段だったりLED内蔵したりして販売しとったし、やれんことはなかったんやろな。

まあ、売れる値段で売るのは商売の基本だし、別に悪いこととは思わんわ。高いなら買わなければいいし、売れなければ価格を見直すだけでしかない。必需品ならともかく、買わなくても死ぬわけでもないし。

自社製品なら品質チェックもそれほど厳しくする必要はないが、任天堂に生産を委託してる場合、ソフトごとに品質がそもそも玉石混交で(あの時代猫も杓子もゲームゲームでいろんな会社が参入しとったし)、それらを全部チェックするにもコストかかるし、ある程度高くなるのは仕方ないとも言える。

#最低限の品質すら満たしてないゲームを野放しにして招いたのがアタリショック
115181: :2016/12/16(金)02:23.57  返信
スーファミのソフトの値段の上限が下がったのはPSへの対抗もあったろうけど、
もうN64の発売を控えた時期だったからな。
N64のソフトの値段を上げるか、スーファミのソフトの値段下げるかしないと釣り合わなかったのかもしれない。
115187: :2016/12/16(金)09:22.14  返信
SFCソフトが高かったのは任天堂の取り分(生産手数料)が大きかったからだろ
(一本あたり3000円とか)
SFC末期にソフトの低下が下がったのは任天堂が取り分下げたから
115189: :2016/12/16(金)09:28.43  返信
PS時代に入って小売が苦しくなり始めたって事は、何かそこら辺に対する配慮を任天堂がやってたんかね
勿論景気の事もあるだろうが、今の苦しい小売事情見るとそれだけでもなさそうだしな
115190: :2016/12/16(金)09:36.37  返信
いくら払ってもなにも当たらないガチャガチャよりはるかにマシ
レアが出る確率が1%以下の仮想くじが1回300円と聞いた時には耳を疑った
115440: :2016/12/19(月)22:17.22  返信
光栄 三国志3 14800円で買ったぜ

コメントの投稿







コメントに関するお問い合わせはこちらからお願い致します。
記事投稿時間:2016年12月16日00時05分(金)

見る人が不快になるようなコメントはお控えください。

       admax
スポンサードリンク
ブログ内検索
 
鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ
鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ (愛蔵版コミックス)
 
ドラゴンクエスト名言集
しんでしまうとはなにごとだ!
ドラゴンクエスト30thアニバーサリー ドラゴンクエスト名言集 しんでしまうとは なにごとだ! /原著 堀井雄二 (SE-MOOK)
 
文学としてのドラゴンクエスト
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史 (コア新書)
タグ
おーぷん2ちゃんねる

スポンサードリンク