スポンサード リンク

         スポンサードリンク


ブログ内最新記事
コメント
121508: :2017/03/13(月)16:31.12  返信
Botwが初めてのゼルダだったら他の作品の
自由度の無さにストレス感じそう
121510: :2017/03/13(月)16:52.10  返信
ストーリーあるけど、まあマリオみたいなもんさ
お決まりの主人公、ヒロイン、悪者、武器が出てくる
今回初でも大丈夫
121515: :2017/03/13(月)18:45.35  返信
山や湖に過去作キャラの名前ついてて感動したって程度
121532: :2017/03/13(月)21:56.40  返信
シリーズやってきたけど、時オカなんかはもう15年以上前にクリアしたっきりだから覚えてない
121547: :2017/03/14(火)01:21.21  返信
時オカばかり贔屓しすぎてちょっと不愉快なんだよなぁ
わざわざ作中でルトの名前出してきたのは「は?」って思ったわ
ぶっちゃけ時オカは過大評価されすぎなゲームだよ…初めてやった時あまりのつまらなさにビックリした
ムジュラやっとけ、そっちの方が面白いしBoWやった後でも十分楽しめる
121580: :2017/03/14(火)12:38.45  返信
物語上で過去作のキャラに直接触れられるのって賢者(一部)とガノンくらいか
それも神話やお伽噺扱いで、ほんとにちょっとしたもの
あとは地名に散りばめられてたり、ちなんだ装備があるくらいだな
地名はGB作品までカバーしてて感動したけど

コメントの投稿







コメントに関するお問い合わせはこちらからお願い致します。
記事投稿時間:2017年03月13日15時00分(月)

見る人が不快になるようなコメントはお控えください。

       admax
スポンサードリンク
ブログ内検索
 
鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ
鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ (愛蔵版コミックス)
 
ドラゴンクエスト名言集
しんでしまうとはなにごとだ!
ドラゴンクエスト30thアニバーサリー ドラゴンクエスト名言集 しんでしまうとは なにごとだ! /原著 堀井雄二 (SE-MOOK)
 
文学としてのドラゴンクエスト
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史 (コア新書)
タグ
おーぷん2ちゃんねる

スポンサードリンク