スポンサード リンク

         スポンサードリンク


コメント
201211: :2019/02/21(木)00:14.41  返信
近年でもPS4のホライゾンゼロドーンはたまげたわ
操作性も良好だったしあれはもっと評価されて良い
201215: :2019/02/21(木)01:03.45  返信
PS1のポリゴンは「不完全なリアル」としてのものと「ポリゴンキャラなのがウリ」の2つに分かれる。
FF7はバトルは前者、フィールドは後者。
頑張れ森川くん2号なんかは完全に後者。

もうゲームCGはPS2の段階で「何とかリアルのアレっぽいもの」を作るってものは卒業したから、記事タイトルほどの感動は絶対に来ない。
赤ちゃんが初めて喋った、中学生で理論が通じるようになった、というところは終わり、後は大人として親(リアル)と対等に話し合える存在というところまできてしまった。

コメントの投稿






見る人が不快になるようなコメントはお控えください。


       スポンサードリンク

Top Page > ハード > スーファミ > もうスーファミ→PSの感動って…
スポンサードリンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
amazon






ドラゴンクエスト25thアニバーサリー モンスター大図鑑
ドラゴンクエスト30thアニバーサリー ドラゴンクエスト名言集 しんでしまうとは なにごとだ!/原著 堀井雄二 (デジタル版SE-MOOK)
ドラゴンクエスト ブリングアーツ あらくれ (武器屋Ver.)
スポンサードリンク
オススメ記事
オススメ記事