★.

          スポンサード リンク

         スポンサードリンク


コメント
297684: :2020/10/04(日)21:03.45  返信
当時の「そこそこ人気」な子供アニメは深夜枠のオタク人気とは比べものにならない。
近いので言うならアニメやってた頃のナルト。
比較にならんよ。

その上にいるトップ層のドラゴンボールやセーラームーンはもう社会現象レベルだし。
297689: :2020/10/04(日)21:17.34  返信
思い出補正
それこそ有名な幽遊白書とかに比べたらほんとタダの中堅だよ
言うほど持て囃すほどの地位にはなかった
297690: :2020/10/04(日)21:26.52  返信
あの頃はドラゴンボールも現役だったし他の連載陣が強すぎた
ダイが竜魔人になったときはじめて1位になったんだっけか
297692: :2020/10/04(日)21:34.08  返信
>これよりアベルとティアラのやつ続きして欲しいわ
ドラゴンクエスト勇者アベル伝説だな
dアニメで42話まであるな

徳永英明のエンディングのやつ懐かしいね
当時バラモスと戦った所まで放送された記憶ないわ
297702: :2020/10/04(日)22:17.52  返信
アニメは人気が無くて打ち切りじゃ無くて番組改変で打ち切りになっただけだが?
日本昔ばなしとかも一緒に終わってるし
297704: :2020/10/04(日)22:23.08  返信
原作はバラン編あたりからのポップに確変入ってからが面白くなってきたのに
アニメ打ち切りでそこらへん省かれたのが残念でならなかったわ
297713: :2020/10/04(日)22:42.35  返信
ドラゴンボールほどジャンプ発売日には話題にはならなかったが
アバン先生が生きてた日は教室がかなりざわついてた
297733: :2020/10/04(日)23:39.48  返信
人気がどうとかはわからんが、子どもらが必殺技を真似して遊ぶくらいの影響力はあったよ
まぁ作品全体では敵わないかも知れないが、必殺技のインパクトだけで言えば界王拳や牙突などに匹敵していたと思う
297746: :2020/10/05(月)00:18.04  返信
ドラゴンボール、スラダン、幽白が上位で次くらいの中堅チームに入る感じ
297753: :2020/10/05(月)00:26.55  返信
技や呪文の認知度は凄かった。でもダイ大のストーリーで友だちと盛り上がる事はあまり無かったな。その点は他の作品より弱い。
297790: :2020/10/05(月)05:00.21  返信
小学三年生で、拳にドラゴンの紋章マジックで書いてた人いっぱいいた。
君は一度負けた敵に、とどめをさしてー♪
主題歌の替え歌は、それほど流行らなかったかも。
運動会や卒業式でしょっちゅうドラクエ序曲は使われたが、一年上の小学校卒業式で「この道わが旅」歌ってた。
遠足で持って行ったお菓子に付いてたカードで大魔王バーンを引き当てて、ダイのカード持ってた人と交換しちゃった。
ダイコロは、未だにわからん。
297800: :2020/10/05(月)07:04.51  返信
当時小学生だったけど、中堅だったな
必殺技は真似したけど、それは他のジャンプ作品も同じだし

ってか当時のジャンプは競争が激しくて、
「小学生が必殺技を真似するのが打ち切られない最低ライン」って感じだったから、
そこは特にアピールポイントにはならないよ
297804: :2020/10/05(月)07:46.13  返信
あまり自分回りの人気はあてにならんから気をつけた方がいい。
掲載順位が下位に来ることはなかったし、カラーになることも多かった。
表紙になることもそこそこあったんじゃないか?
人気投票も何回かやってるし、特設ページを組まれることもあった。
それぐらいの人気はあったってことだろう。
297805: :2020/10/05(月)07:51.46  返信
当たり前だが、いくらあの時期だからってゴールデンでアニメ化したのは伊達じゃないよ。
297824: :2020/10/05(月)11:28.24  返信
「小学生が必殺技を真似するのが打ち切られない最低ライン」って感じだったから、
そこは特にアピールポイントにはならないよ


結局は根拠の無いただの思い込みで草
297828: :2020/10/05(月)11:37.53  返信
普通に人気だったやろ
ジャンプで上位のランクまでは行かないが、強者揃いのジャンプの中でこれほどの存在感と話題性を出せたなら普通に勝ち組やわ
297833: :2020/10/05(月)11:57.00  返信
中堅ではあったがトップが絶対神ドラゴンボールやし結構人気あったで
297873: :2020/10/05(月)15:06.47  返信
人気の度合いは知らんが成功か失敗かで言えば成功。
そもそもジャンプという化け物雑誌で中堅まで登りつめて中堅を維持し続けたこと自体が凄い。
298060: :2020/10/06(火)04:30.46  返信
他が強すぎて中堅で特に話題に挙がらなかったな
それでも深夜アニメとは比べ物にならない知名度
298113: :2020/10/06(火)10:59.38  返信
普通に話題性はあった
298125: :2020/10/06(火)11:36.12  返信
人気だったよ
298132: :2020/10/06(火)12:03.27  返信
安定して面白いし、小学生低学年は傘でアバンストラッシュもするが
クラスの話題はドラゴンボールで持ち切り

あとドラクエベースなのが少し痛かった
ゲームやってる=問答無用でカースト下位確定の時代
298167: :2020/10/06(火)14:02.39  返信
アバンストラッシュは当然として、他にはアムド!とかブラッディスクライドとかして遊んでたわ
ドラゴンボールみたいにピッコロやベジータ、フリーザの様なストーリーを盛り上げる要素は弱かったので
ストーリーで盛り上げる事は少ないが、必殺技の魅力は十分にあった
子どもはそれだけで良かったんだよ
298179: :2020/10/06(火)14:33.10  返信
大人になった現在の立場で見ればイマイチに見えるが
当時の子供は単純だから技を真似するだけで楽しかったんだよね
例えば星矢とかキン肉マンとか、技を子供らが真似して遊ぶってのも当時は作品のステータスの一部だったよ
話題の内容が「当時どれくらいの人気だったの?」なので今の基準で判断したらイカン
298217: :2020/10/06(火)17:07.31  返信
ついでにとんちんかんよりチョイ上くらい
298233: :2020/10/06(火)18:14.14  返信
周りが化け物だっただけ定期

アバンストラッシュ、フィンガーフレアボムズ、メドローア、天地魔闘の構えは真似した
298268: :2020/10/06(火)20:09.55  返信
ついでにとんちんかんよりチョイ上くらい


えっ?あの有名ギャグ作品より上なん?
冗談抜きでそれ普通に凄いって事やぞ?
298334: :2020/10/07(水)00:31.22  返信
ついでにとんちんかん より上だったらギリトップ集団に入ってしまうやろ
もはや中堅じゃなくなるぞ
まぁ個人的にダイ大は楽しい漫画だったからそれでも良いとは思うが
298351: :2020/10/07(水)01:54.51  返信
最近の作品と違ってまだゴールデンでアニメやってたから必殺技の知名度はあったんだよな
話とか知らなくても真似しやすくてカッコいいから子供の印象には残る
DB、スラダン、幽白が強かったし、それ以外でもジョジョ、るろ剣、ぬ~べ~、こち亀、ラッキーマン、ターちゃん、ろくでなしブルース、BOYなんかもあって他の作品も拮抗してたからなあ
あと変態仮面みたいな強いインパクト残したのもあって、今よりも3作品選ぶっていうのが難しかった

本誌だと掲載順は平均して真ん中付近、親衛騎団出たあたりの終盤はもう後ろのほうが定位置だったような
個人的には今のジャンプだとブラクロあたりが近いイメージかな?
298363: :2020/10/07(水)03:28.22  返信
当時のジャンプの上位陣の人気は異常だったからな
作者自身も言っているが絵が下手(というか上位陣の異様な絵力に比べると地味)だったから
永遠の中堅という感じだった
298423: :2020/10/07(水)12:21.30  返信
中堅中堅と言ってる人が何人かいるけど
そもそもあの化け物ジャンプの中で中堅になれた事が凄い事ですわ
299886: :2020/10/13(火)05:33.32  返信
中堅っても当時のジャンプの中堅だからな
プロ野球で例えるならタイトル争いには加わらないけど、毎年しれっとオールスターに出てる選手みたいな
300971: :2020/10/16(金)19:01.06  返信
当時存在していた漫画の部数ランキングではかなり上位だぞ
というか平成時代のバケモノ加えた歴代ランキングでも50位以内に入ってるし

コメントの投稿






見る人が不快になるようなコメントはお控えください。


       スポンサードリンク

Top Page > ドラクエ > ダイの大冒険 > ダイの大冒険って当時どれくらいの人気だったの?
スポンサードリンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
amazon





ドラゴンクエスト25thアニバーサリー モンスター大図鑑
ドラゴンクエスト30thアニバーサリー ドラゴンクエスト名言集 しんでしまうとは なにごとだ!/原著 堀井雄二 (デジタル版SE-MOOK)
スポンサードリンク
オススメ記事
オススメ記事