★.

          スポンサード リンク

         スポンサードリンク


コメント
343510: :2021/03/03(水)23:47.29  返信
両翼がちぎれ、両足が縛られててクチバシが破壊されてる状態の「おおがらす」
で、ワイが金属バットならまぁ勝てる
両翼とクチバシの破壊、両足を縛るのは誰か頼むわ!
343617: :2021/03/04(木)12:19.49  返信
魔法の使えない魔法使いばっかりだからな。
343649: :2021/03/04(木)14:03.43  返信
軟弱共の誇大妄想はいいとして、スライムは盾があれば勝負できる。
数値バランスとサイズ的におおがらすやおおみみずは最低限の武装があれば死ぬ前にやれる(竹槍等では当てにくいので無理)。
蝋革フルセット装備か鉄の軽装で腕や脚部を守れるなら、レベル3で戦う辺りまではギリギリなんとかなる場合が多そうだ。バブルスライムや魔法使いは無理だろう。

その先はどこぞの動画にあったチタンフルセットでもあればもう2レベルくらい上は行けそうだし、他防具の性能的に攻撃無効をいかしてレベル8時代の敵でも勝てるのが混じるくらいになりそうだが、ないなら俺では不可能だな。ドラクエ風の超成長に期待するしかない。

チタンアーマーならまだしも鋼の鎧じゃ重量的に戦えんし、ドラクエ世界観準拠で順番に進んでいくとなると同等の仲間三人込みでもアリアハンは出られまい。
343656: :2021/03/04(木)14:10.06  返信
そもそもゲームキャラと違い、リアルのワイらのステータスやレベル上昇による成長率
全てが魔法使いよりも下だと思うんだが
343657: :2021/03/04(木)14:10.42  返信
とにかく、身体的にはなんとかなるかもしれないのも混じるが、特殊能力と数に対処できる可能性はないからな。身体面でもそもそも人間は反射神経に動物平均未満という不利を背負っているから、一角兎は激しく立ち回って来るんでなく雑突撃主体だから防具さえあればなんとかなるだろうし2m弱ミミズも似たようなあほだろうからなんとかなるだろうが、おおありくいやキャタピラー時点で質量面も厳しく倒すのは明らかに辛い。
343678: :2021/03/04(木)14:44.38  返信
※343656
初期TRPGでも、現実の人に換算するなら3レベル相当くらいが限界(それらの世界のパンピーも実質それが限界)だがレベルはまともな人間の英雄候補準拠で10、理論上は20まで上がるみたいな作りになってるのが多いしな

それを参考にしてるドラクエに関しても言わずもがなよ
343684: :2021/03/04(木)14:59.20  返信
ってかコレってドラクエ世界のドラクエのシステムで戦う前提の話題なんか?
343688: :2021/03/04(木)15:06.50  返信
ゲームの恩恵が全く無い生身の状態でしょ・・
343692: :2021/03/04(木)15:20.02  返信
ドラクエというTVゲームの世界に入り込むって話ならシステムの助けもあるからイケると思うが,
ドラクエのモンスターがリアル世界に現れたらって話ならほぼ勝てないわ
343887: :2021/03/05(金)02:58.17  返信
ゲーム内のステータスやダメージ配分を前提にどれくらい強いかの予測はするが、当然「現実でドラクエのモンスターと立ち会う」前提だろう。

ついでに作中サイズは無視で元ネタのD&D等に出てくるモンスターサイズ準拠のほうがステータス相応のとんでもスペックとしてイメージし易いだろうな。要するにギガンテスなら身長15m弱、ドラゴンなら体長20mちょい、ギガワーム辺りなら全長60m超な感じで。それくらいなかったらプチ核撃のイオナズン≒ティルトウェイト2発に耐えられる訳がないからな。
343916: :2021/03/05(金)10:53.18  返信
現実での戦闘ならレベルアップや成長などゲーム特有の補正は全く期待出来んな。
345772: :2021/03/11(木)23:15.18  返信
武器使ってドラキーが限度
武器は棒に包丁つけて槍を作ったと仮定してる
347156: :2021/03/16(火)12:27.53  返信
グレイトドラゴン

コメントの投稿






見る人が不快になるようなコメントはお控えください。


       スポンサードリンク

Top Page > ドラクエ > モンスター・ボス > ドラクエでおまえらでもギリギリ勝てそうなモンスターwwwwww
スポンサードリンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
amazon





ドラゴンクエスト25thアニバーサリー モンスター大図鑑
ドラゴンクエスト30thアニバーサリー ドラゴンクエスト名言集 しんでしまうとは なにごとだ!/原著 堀井雄二 (デジタル版SE-MOOK)
スポンサードリンク
オススメ記事
オススメ記事