カンダタ速報


          スポンサーリンク

         スポンサーリンク


コメント
482380: :2022/07/21(木)23:14.01  返信
当時小学生だったけどそれでも3Dはすぐ使わなくなったな
482384: :2022/07/21(木)23:30.28  返信
疲れるし目痛くなるからアレだけど、最初見た時ビビったなぁ
なんでアバターは眼鏡つけなきゃいけんのやろとか子供ながらに疑問感じた思い出
482385: :2022/07/21(木)23:32.13  返信
閃乱カグラとかいう3Dを最も活用したゲーム
飛び出すおっ◯い(迫真)
482386: :2022/07/21(木)23:32.44  返信
こんなゴミ残るわけねーだろ
482392: :2022/07/22(金)00:01.36  返信
なんか変な感じになんだよな視界が。最近メガテン4Fやってるけど3D切ってるわ
482394: :2022/07/22(金)00:23.14  返信
初めて3DS起動した時の興奮は覚えてる。時オカの氷の洞窟最深部とか綺麗だったな。MH3Gをずっと立体視ONでプレイしてたら、立体視をOFFにした時にモンスターとの距離感が全く掴めなくなったのも良い思い出。ナバルデウス戦楽しかったなぁ。
482399: :2022/07/22(金)00:47.42  返信
付属のARゲームでキャッキャして楽しんでたわ
482447: :2022/07/22(金)09:10.50  返信
EYERESHの飛び出しはほんとあたまおかしいレベル
482478: :2022/07/22(金)12:09.38  返信
技術的には凄いけどゲームプレイとは相反する機能で
ユーザーを疲弊させるだけだったしな
ファミコン設計時代から世話になってるコネで
任天堂ハードは携帯に限らず液晶の搭載率が高いんだよ
482507: :2022/07/22(金)14:52.13  返信
任天堂のゲーム以外は奥行ある3Dを活かせたゲームはほとんど無かった
画面に奥行があるだけの普通のゲームが大半でも結局は面白いゲームなら面白いしほぼ3D不要だった

個人的だが一部スマブラみたいなゲーム以外3Dスティックは苦手だから基本、十字キーが良いと思ってるが3DSのスライドパッドは特に良かったと思う
482563: :2022/07/22(金)20:23.49  返信
立体視活かしたゲームは感動するよね、マリオ3Dランド、キノピオ隊長、モンハン、神トラ2、etc,,,けっこうあるんだけどな
Newで遊ぶと快適だし
switchのVRはジャギジャギでだめだ
結局映像的に一番良かったのはゆるキャンVRだったな
482588: :2022/07/22(金)22:10.06  返信
裸眼立体視って慣れるまでに壁があってそこを越えると常にオンじゃないと物足りなくなるんだよな
ただ一般にはその壁を越えるまでやろうとは思わなかったのが残念やね
482705: :2022/07/23(土)11:21.12  返信
3DS版DQ7はカメラ近すぎだと思ったけど、立体視にすると奥行きが出てちょうど良い広さに感じられた
グラののっぺりした感じも立体視でちょうど良くなる
484074: :2022/07/28(木)21:43.33  返信
頭との距離を一定にしないとブレちゃうのがな、寝転がってやるのにも向いてないし
NEW3DSは補正で結構頑張ってたけど、あれが最初からだったらまたイメージも違っただろう
あとは単純にスペックが足りないから折角3Dでも粗目のポリゴン見せられてもってのもある
484576: :2022/07/30(土)19:45.10  返信
いまだに映画とかで3Dがあったら4DXだろうとIMAXだろうと飛びつく3D好きの俺からしたら任天堂の想定よりも目が脆弱な人間が多かったのが敗因だったな
3D機能ほとんどOFFにしなかったから今のゲーム画面ののっぺり感が気になってしょうがない
484868: :2022/07/31(日)20:32.55  返信
時オカ3Dとかマリオ3Dランドとかの立体感や奥行きをしっかり調整してるソフトだと
キャラや世界の存在感が結構凄い感じになってた
ただそれ以外の調整のショボいソフトが多過ぎた
490001: :2022/08/19(金)18:15.31  返信
※482386
陰さん…w

コメントの投稿






見る人が不快になるようなコメントはお控えください。


       スポンサーリンク

Top Page > ハード・周辺機器 > 久しぶりに3DSで時オカやったけど、裸眼立体視って改めて超ヤベエな
スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリ
SS (13)
月別アーカイブ
amazon



ドラゴンクエスト30thアニバーサリー ドラゴンクエスト名言集 しんでしまうとは なにごとだ!/原著 堀井雄二 (デジタル版SE-MOOK)
スポンサードリンク
オススメ記事
オススメ記事